TOP > 最新情報 > ボッシュSTとブレインパッド、セキュリティカメラの画像を活用したCRMソリューション「おもてなしサポートシステム」を提供開始
プレスリリース

ボッシュSTとブレインパッド、セキュリティカメラの画像を活用したCRMソリューション「おもてなしサポートシステム」を提供開始

最新情報

 

ボッシュSTとブレインパッド、セキュリティカメラの画像を活用した
CRMソリューション「おもてなしサポートシステム」を提供開始
~小売・流通業向けに、接客の高度化・業務改善を支援~

  • ボッシュSTとブレインパッドのCRMソリューション第一弾
  • カメラから取得した来店者行動データをスコア化、接客高度化を支援
  • デジタルマーケティングと同様、実店舗でも多様なデータ収集と分析を可能に

ボッシュセキュリティシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下ボッシュST)と株式会社ブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービス(*1)第一弾として、セキュリティカメラから得られる画像データを活用した、CRMソリューション「おもてなしサポートシステム」を提供することを発表します。

 

 「おもてなしサポートシステム」は、ボッシュST製のセキュリティカメラに搭載された来店者の顔画像切り出し機能と、マイクロソフト社のAIソリューション「Microsoft Azure Cognitive Services(*2)」を活用し、来店頻度、過去に立ち寄った売場、商品購入の有無などを個人情報に配慮した上で取得します。そして、取得したデータから来店者の行動をスコア化し、接客をする際に役立つ情報とともに店頭スタッフや情報端末、セルフ決済端末などへ送信することで、接客の高度化を支援します。

 

おもてなしサポートシステム サービスイメージ

(おもてなしサポートシステム サービスイメージ)

 

さらに、取得したデータを分析することで、「来店のみで購入に至らなかった顧客にはどのような特徴があるのか」「曜日・時間帯によってリピート顧客や来店顧客の属性に変化はあるのか」といった“最新の売場状況”を把握したり、分析結果を会員カード情報と連携することで、より詳細な行動の把握や、メール配信・アプリプッシュ通知、SNSなどを用いたマーケティング施策にも活かすことが可能です。

 

本ソリューションの導入にあたっては、改正個人情報保護法に配慮し、顧客への告知方法やデータ管理・運用などに関するコンサルテーションおよび導入支援を行う予定です。
   

新サービス提供の背景
デジタルマーケティングの世界では、ウェブサイトの来訪者数やリピート訪問の有無、来訪者ごとのサイト訪問回数や他ページへの遷移情報(ウェブサイト上の導線)など、さまざまなデータを取得・分析し、魅力的な売場(サイト)作りや商品のレコメンデーション(推奨)を実施しています。

 

反面、実店舗においては、ID付きPOSシステム(*3)などによる顧客の購買データのみの活用にとどまっており、来店客に関するより詳しい情報の取得・活用が進んでおりませんでしたが、近年、画像処理技術が向上したことにより、インターネット上の様に情報を取得・活用できる土壌が整ってきています。

おもてなしサポートシステム カバー領域

(おもてなしサポートシステム カバー領域)

 

このたび、独・ボッシュグループの中核企業であり、高度な映像解析技術を強みにセキュリティカメラなどを提供するボッシュセキュリティシステムズと、データを活用したマーケティング改善に豊富な実績を有するブレインパッドが連携することで、本ソリューションの提供が可能となりました。

今後、両社は店舗やショールームを運営する小売・流通企業を中心に、本ソリューションの提案を行い、デジタルマーケティングを包含したオムニチャネルマーケティング・プラットフォームの提供を推進してまいります。

 

おもてなしサポートシステム システムイメージ

(おもてなしサポートシステム システムイメージ)

 

(*1)参考情報:2017年3月3日発表「ボッシュセキュリティシステムズ、監視カメラのデータを活用した新たなマーケティング・サービスの提供に向けて、ブレインパッドと連携 – オムニチャネルでのマーケティングや業務改善を支援 – (掲載URL:http://www.boschsecurity-jp.net/media/2017/03/30/81)」
(*2)Microsoft Azure Cognitive Services(アジュールコグニティブサービス)とは、Microsoft Azure上で利用できる、画像認識・自然言語処理などを行うAI関連機能群の総称。
(*3)ID付きPOSシステムとは、顧客ID付きの情報が取得できるPOS(販売時点情報管理)のこと。「何が、いつ、いくつ、いくらで売れたのか」という情報に加え、ポイントカードなどにより「誰が買ったのか」といった情報が取得できる。

■ご参考情報
●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:331百万円(2016年12月31日現在)
従業員数:195名(連結、2016年12月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

 

*本ニュースリリースに掲載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*本発表は、ボッシュセキュリティシステムズ株式会社、株式会社ブレインパッドが同時に発表しております。各社から重複してニュースリリースが配信されることもありますので、ご了承願います。
 


報道関係者各位からのお問合せ先:
ボッシュセキュリティシステムズ株式会社
佐藤 里絵子
Phone: 03-5485-4427 E-mail: info.st@jp.bosch.com

セキュリティ製品の詳細はこちら

 

関連記事